FC2ブログ

内閣之印

印譜からの紹介が続いておりましたので少々うんざりしていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「勝手気まま」という方針とはいえ、同じような印影(決してそんな事はないのですが)が続いては

飽きてしまいますよね。

書く側の気持ちが必ずしも見ていただく方に正確に伝わるとは限りませんので、

いくら私が「古い印影が好き」と言っても、このブログを見て下さる方も同じとは限らないでしょう。



という事で、今回は誰が見てわかる印影にしました。

内閣之印

画像を見ていただければ一目瞭然ですので書類の年月日記載は省略します。

内閣之印


勲章などで内閣之印は見た事ある方も居らっしゃるかと思いますが、かなり以前から実物の印鑑(印章)で

押されることは磨耗防止の為にしなくなっており、ほとんどが印刷されたものです。

(印刷でも公印としての効力は同じです)

しかし、これは実物の印章で押された貴重な内閣之印:印影です。

内閣之印

明治18年に太政官制から内閣制に変わって20年経過した時の印影です。



書類中の氏名のみ画像加工させていただきました。

プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR