FC2ブログ

中輪細篆書

なかなかブログまで手が回らず久しぶりの更新となってしまいました。

「お店で注文が殺到」などと見栄を張る為にわざと更新していなかった訳では

もちろんありません。

ブログは余裕ある時に更新するようにしているので、気分的に余裕がなかったのかも知れません。

今回も明治時代の印影です。

典型的な太枠細字の篆書体ですが、業界ではこのような太枠は普通「中輪」と呼んでいます。

輪とは枠の事ですが、お客様には輪より枠と言った方がわかりやすいと思いますので

私はあえて太枠・細字と呼んでおります。

手彫り印鑑 太枠細字

(今回はあえて中輪と呼びます)

普通、中輪篆書体の場合は中央と左のように枠から離して字配りします(昔の場合)が、右のような

目一杯(枠で字が途切れるように)字配りされたものも結構ありました。

いずれにしろこの時代の印鑑は中輪の方が多く彫られていました。


何を言いたいかといいますと…

そうです。

この時代は「太枠の印鑑はよくない」などというインチキ開運印鑑商法は無かったからです。

プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR