FC2ブログ

四角い実印

今はほとんどみられなくなりましたが、昔は意外に多かった四角い実印です。
多かったというのは語弊がありますね。
「今はほとんど見られない割に」意外とあったと言うのが正しいでしょう。
四角い手彫り印鑑(実印)

印影とは関係ありませんが…
ここのところブログの更新があまりできておりませんでした。
古い手彫り印鑑の資料ブログで、画像はほとんどが印影ですのでブログの人気を上げる事より
自由に自分の好きなものをインターネット上で公開する事を目的としておりました。

ブログの目的は「商売第一」ではありませんが、もちろん、このブログを見ていただいた事が縁で
印章のご注文をいただければ何より嬉しい事ではあります。
そんな感じで自由に書いていた記事ですので何かある時は記事が書けなくなってしまいます。
3月は 8件 これは地震の影響です。
4月は落ち着いて39件
このぐらいのペースで書いていきたいものですが、5月はたったの4件です
7月も5月と同様4件ですが、ここでブログを見て下さっている方から嬉しい連絡をいただきました。
「ブログ楽しみにしておりますが…  今月は更新が少ないので…」
「資料以外の記事も書いていただければ…」
などです。

「希望的観測」ならぬ「悲観的予想」で同業者さんの目に留まる事はあっても一般の方にはほとんど
読まれていないと思っていたブログでしたが、少ないながら読んで下さっている方は居たんですね。
販売サイト上でも同じようなブログは書いておりますが、公私混同しないよう、私的な事は書かない
方針でした。
まあこちらは販売サイトではありませんので、考えてみれば「公」も「私」もありませんね。
羽目を外さなければたまに「混同」してもいいかも知れません。

という事で、前置きが長くなりましたが法事ついでに1泊の小旅行をしてきましたのでその時の写真を
掲載させていただきます。
一般の民家を勝手に撮ってしまったので場所は内緒という事で

海に面した静かな漁村です
手彫り印鑑「小旅行」

こちら、右の白い建物と木造部分がくっ付いた建物ですが、長い一軒家です。
そして奥は防波堤しか見えませんが、その先(左)は海です。
「昔は間口の幅によって税金が決められたので…」という建物です。
印章以外は専門ではありませんので知ったような説明はそこそこに別の写真を
手彫り印鑑小旅行

補修した跡がありますが、左から右まで同じ家です。


手彫り印鑑小旅行

建物の海側です。
砂利道の左側は道路を隔てるともう海です。

手彫り印鑑小旅行

手彫り印鑑 小旅行

手彫り印鑑 小旅行

手彫り印鑑 小旅行

上に「偉そうな説明は」と書いた事に反するようで勝手な想像を書いてしまいます。

建物の写真は全て海側から撮っております。

(最初の2枚は反対側からの撮影ですが、その2写真の家も海に面した建物です)

海に面した建物という事は、今風に言えば「オーシャンビュー」とでも言ったところでしょうか。

でも、この集落はそのような横文字とは縁がないような造りです。

海からの塩分を含んだ風は金属をすぐ錆び付かせるので、決して海に面した事がいいとは

限らないそうですが、そういう理由だけではない気がします。

勝手な想像で大変失礼なのですが、ここは昔からつつましやかに暮らしていた小さな漁村なのでは

ないでしょうか。

もちろん今は街に働きに出ている人も多いとは思いますが、昔は海の幸を自分たちの生活の糧(販売も含め)

になる分だけ採って地味に暮らしてきた集落で、地に足の付かない無理な贅沢など目指さず、

つつましやかに暮らすものの各家庭ではごく普通の幸せがあった「古き良き時代」などと

勝手に想像してしまいます。


★仮にまるで違っているようでしたら大変失礼しました。
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR