FC2ブログ

太枠・細字 の篆書体

明治初期の印譜から太枠細篆書体の紹介です。

細枠太字 篆書体 明治時代の手彫り印鑑

これは朱墨で印文が書いてあるので、わかりやすいですね。

明治初期の典型的な太枠・細字(篆書体)ですが、実はこの印影に私の大好きな作風が用いられております。

「印」の文字の折り畳みも好きなのですが、「廣」を見てみて下さい。

線が交差する部分に「墨溜まり」が付いていますよね。

この作風、彫り残しではもちろんなく、職人の自己流でもない、とある作風なのです。

「実は」とか「とある・・・」とか、思わせ振りですみません。

ずっと前に別印影にて紹介はした記憶はありますが、きちんと紹介しておりませんでした。

「見本を作ってから」と考えて何年も経ってしまいました。

もちろん忘れた訳ではありませんが、日常の仕事をこなす中で、思いが埋もれておりました。

細枠太字 篆書体 明治時代の手彫り印鑑

これも太枠細字ですが、文字を印面いっぱいに広げた作風です。

これも「子」に墨溜まりの名残りがありますね。



ブログ編集者

----------------------------------------------------------------------------

この記事の「墨溜まり」の作風もなのですが、先日千葉県佐原市に行った事を書いた記事に「年内に発表出来ると思います」と書いたまま、結局年内には出来ませんでした。

またいつもの「予告倒れ」ではなく、今回(佐原の件)は必ず形にします。

もちろん、佐原の件だけではなく墨溜まりの作風なども形には致しますが、まずは佐原の件からにします。

「バタバタしており」というお決まりの言い訳になってしまいますが、順番として
(1)見本を彫る。
(2)見本を彫った所要時間と難易度から販売金額を決める。
(3)商品ページを作成する。

となります。
バタバタしているうちに年末年始が過ぎてしまいましたので、順延として1月中ですね。

千葉県佐原市

これは佐原市で撮った1枚です。

昭和の雰囲気を残す美容院さんです。




プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR