FC2ブログ

明治時代の法人印

明治時代の手彫り印鑑 印譜

いつもの明治時代の印譜です。

明治時代の角印 

印篆の周囲に楷書体で緩急を付けて山形の屋号、(明治時代ですが)江戸情緒あふれるいい印鑑です。 

印鑑は純和風ですが、「輸入係之印」という事は、貿易に関係ある会社(商店)だったのですね。

明治時代の角印

これも屋号から同じ会社の印ですね。

明治33年製とわかる印文です。

手彫り印鑑 角印

これも情緒あふれる山形屋号の受取印。

「事の証明として印を押す」、いい文化ですね。

小判型印鑑

これは入山型の屋号の材木屋さんですね。

私の育った家の近所にも材木屋さんがありましたが、あの独特の匂いと正月飾りが大好きでした。


ブログ編集者

プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR