FC2ブログ

明治時代の印鑑

またもや明治時代の手彫り印鑑「驚愕印譜」からです。

龍紋 雷紋 手彫り印鑑 明治時代

雷紋の内側に龍紋、そしてその内側に篆書体の文字。

細字と線の細い雷紋に対し、輪(枠)は中輪できちんとバランスをとっています。

龍紋 雷紋 明治時代の手彫り印鑑

「細かければ細かいほどいい」というものではなく、印鑑(印影)はあくまでも全体の調和が大切なのですが、これ10ミリですよ。

定規の1ミリの幅と彫刻の細かさを比べてみて下さい。

これが競技会出品作品でなく、日常の注文品であった事にも驚かせられます。


ブログ編集者

----------------------------------------------------------------------

仕事で新宿近くへ行く事になったのですが、なるべく人混みを避けたいので電車には乗らずに移動した際、景色が綺麗だったので撮った1枚です。

市ヶ谷だったか飯田橋だったか忘れてしまいましたが、その辺りです。

飯田橋 市ヶ谷

プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR