FC2ブログ

明治時代の印鑑

タイトルはいつもほとんど同じです。

明治時代の印鑑

いつも「素晴らしいですね」という同じ説明なら、今日は極力説明を省いて写真を中心に。

回文 印鑑

これは凄い。

明治時代にはよくありましたが、ひらがなを回文にしたものです。

同じ言葉の繰り返しになりますが、やはり素晴らしいです。

印鑑 開運

方形(角印)に篆書体の斜め。

私のお店のホームページには載せておりませんが、ごく普通に作成可能ですので、気になった方はお問い合わせ下さい。

印相体

久しぶりに龍紋です。

これ、全て手彫りですから凄いですね。

小判型 白文 印鑑

白文(白抜き文字)の小判型印鑑です。


ブログ編集者

-----------------------------------------------------------------

「行ってきました茨城県」ですが、リアルタイムではありません。

お盆の夜間行動(行きのみ夜間、帰りは翌日)です。

茨城県の自然


茨城の自然

適当に古民家がありそうな道を地図に頼らずその時の気分で進みます。

長屋門

真新しい長屋門ですが、凄いですね。

これだけで1件家が建ってしまいそうな予算ではないでしょうかね?・・・勘ですが。

薬医門

ここは何度かブログに登場した道です。

建築は素人ですが、薬医門というのでしょうか。

私、ずっと「薬師門」かと思っていてブログにも書いてしまった可能性があるので、後日検索して修正しないといけませんね。

恥ずかしい。

門の上に鳩が休んでいるように見えるのは、鳩ではなく瓦です。

きっと前も書いたと思いますが、素晴らしいですね。

豪邸

これも門です。

母屋ではありません。

凄いです。

古民家

上の写真の家とは違いますが、塀はどこまで続くのでしょうか・・・・


茨城の寺

神社の参道に石碑発見。

石碑

江戸時代のものらしき草書体の石碑です。

篆書の石碑

篆書体が彫られてる石碑発見。

大正時代のものでした。

篆書の石碑

場所を変えて墓地になりますが、篆書体の石碑を発見。

石碑なのに印篆で彫られているというハンコ屋の私が泣いてが喜ぶ(それは大げさですが)石碑です。

篆書の石碑

建立年月を探したのですが、痛みがありなかなか探せず、恐らくこれだと思うのですが「文政」でしょうかね。

微妙ですが、「お盆の季節によそ者が墓地で石碑を撮影している」という異様な光景を想像すると長居は禁物であり、地元の人にも申し訳ないので、早々撤退し、写真で楽しむ事にしました。

プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR