FC2ブログ

龍紋 雷紋

明治時代の驚愕印譜の続きです。

明治時代の手彫り印鑑 印相体

外側に雷紋、内側に龍紋が彫られていて、もちろん文字も彫られています。

雷紋、龍はどちらも古代中国で縁起や高貴のシンボルと考えられていたので、言い方を変えればこれは開運印鑑

と言っていいと思います。

過去しつこい位書いてきましたが、今の巷の開運印鑑とは全く別物です。

その証が文字が印相体ではなく正統派印篆である事。

もっとも、この時代には印相体は存在しなかったので印相体であるはずがありません。

202003191205565f5.jpg


このサイズ、驚愕ですよね。

ブログ編集者

-----------------------------------------------------------------------------

懲りずに夜景写真です。

「いつもスカイツリーじゃないか」と言われそうですが、お店の近くで綺麗なものと言えば、何と言ってもスカイツリーですので。

東京スカイツリー


プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR