FC2ブログ

草書体の実印

前の記事に引き続き明治時代の驚愕印譜からです。

明治時代の手彫り印鑑  印相体

すみません。

撮影した時とアップする時は時差がありますので、同じ印譜である事は間違いないのですが、ページがズレている事に今気付きました。

明治時代の手彫り印鑑 開運印鑑

明治時代になり印章と朱肉を庶民が自由に使える様になり、それまでハンコと言えば大半が篆書体だったものが

一気に発達し、いろいろな書体や作風が用いられる様になりました。

今回はその中から草書体の印鑑です。

この印影だけ写したく拡大して撮影しましたが、大き過ぎましたね。

過去何度か書いた説明ですが、パソコンからご覧の方はモニターから距離を離してご覧いただけますでしょうか。

草書体の手彫り印鑑

驚愕なのはこのサイズです。



ブログ編集者

--------------------------------------------------------------------------

もう恒例となってしまった風景写真です。

今回は店休日(日曜日)に出掛けた中から2枚をピックアップ。

新宿高層ビル

こちらは新宿の高層ビルから。

月島

こちらは月島から中央区方面を撮影したものです。


プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR