FC2ブログ

引首印

明治時代の驚愕印譜より。

明治時代の印譜 驚愕

今回は驚愕という訳ではありませんが、比較的珍しい印鑑を。

明治時代の印譜 印相体

白文(白抜き)古印体の引首印です。

書幅、扁額などの右肩(右上)に押す印で、主に石材に彫られる事が多いですが、この印譜は木口と篆刻が分けて押されているので、(想像ではありますが)これは木口だったのではないでしょうか。

引首印(いんしゅいん)は主に長方形ですが、小判型もあり、冒防印、関防印とも呼ばれます。

明治時代の印譜 印相体

こちらは朱文の引首印です。

(本文は「常用漢字印章字林」及び「篆刻の疑問100」より抜粋引用してあります)

ブログ編集者

-------------------------------------------------------------------------

まだ懲りずに風景写真です。

今回は画像加工編。

デジタル音痴の私は、先日スマートフォンを機種変更するまでグーグルフォトを知りませんでした。

今回機種変するに併せてグーグルフォトを利用しているのですが、グーグルさんが写真を選んで、

自動的に加工してくれるのですね。

グーグルフォトには「スタイルを適用した写真」と書かれておりますが、こちらから「加工してもらいたい」と

操作できるのかどうかはわかりません。

それはさて置き、今回はその加工された写真を載せてみました。

御徒町

これは当店の支店がある御徒町です。

買い物で立ち寄ったビルからの眺めが良かったので撮ってみました。

リアルな絵みたいですよね。

東神田

これは仕入れ先からの帰り道の東神田です。

蔵前橋から見た厩橋  夜景

こちらは隅田川に掛かる蔵前橋から厩橋方面を撮ったものです。

夜景 googlephoto 厩橋

これはその厩橋です。

夜景 googlephoto

これは以前載せた写真ですが、それが自動で加工されたものです。

「この加工はやり過ぎだろ~」と思われる人も多いと思いますが、私の自己満足にはもってこいの加工です。

夜景 江東区

これは江東区のタワーマンション。

新大橋通りで撮りました。

夜景 上野ヨドバシカメラ

これは上野駅前で撮ったもので、中央のビルはヨドバシカメラさんです。

以前から写真を載せる際、いちいち「これは当店から徒歩●●分の・・・」と前置きしていますが、それは「撮影に夢中になってろくに仕事していない」と思われてしまいたくない言い訳として書いておりました。

いちいち目障りかも知れませんが、あくまでも「ついで」という事を言いたくて・・・





プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR