FC2ブログ

小判型印鑑

明治時代の印譜からです。

明治印譜 印相体

このページは訂正印も含めて全て小判型です。

太枠細字、二重枠、斜め、ガッチリとした印篆など様々です。

通称「三文判」と呼ばれる安いハンコは、昔ササッと古印体で彫られた出来合いの小判型印鑑を指した言葉ですが、

小判型印鑑の全てが安物という訳ではありません。

その証拠がこうした印譜に残っております。

小判型印鑑

少しピンボケしましたかね。

撮った時は気付かなかったのですが、ブログにアップする段階になってピンボケ気味である事に気付きました。

実際は太枠・細篆書体の素晴らしい印影なのですが、すみません。

小判型印鑑

これは印篆です。

文字に染みが付いてしまっていますが、明治時代の印譜ですのでご容赦お願いします。

小判型印鑑

こちらも印篆ですが、上の浜野さんは四隅を枠に付けているのに対し、こちらは枠から離して且つ、太目に仕上げた

「どちらがいい」とは甲乙付けがたい素晴らしい印です。

(浜野さんの「浜」は通称「眉浜」と呼ばれる旧字体ですが、環境依存文字の為、ここでは「浜」と書きました。

ブログ編集者

-----------------------------------------------------------------------

ここのところいろいろあり、例の茨城県へは行けておらず、すっかりご無沙汰になっております。

その代わりという訳ではありませんが、「行ってきました茨城県」ではなく、「行ってきました夜景撮影へ」・・・

今回はお店から徒歩約10分の浅草です。

撮影は前回同様スマートフォンです。

東武浅草駅

東武線浅草駅周辺です。

アサヒビール

こちらはアサヒビール本社と墨田区役所とスカイツリー、隣接する高層マンションまとめて撮れるスポットから。

といっても特別な場所ではなく、上の撮影場所から信号を渡っただけの地点からです。

吾妻橋 駒形橋

これは吾妻橋から駒形橋方面を撮ったものです。

今はスマートフォンの夜景モードにすっかりはまってしまっています。


プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR