FC2ブログ

明治時代の印鑑

もう何度も紹介させていただいている明治時代の驚愕印譜から、ボツ分も含めて紹介させていただきます。

明治時代の印鑑 開運

「印鑑は細かければいい」という訳ではありませんが、それにしてもこの技術は「素晴らしい」を通り越えて

もはや驚愕と言っていいと思います。

明治時代の印鑑 印相体

法人用の印鑑に多い回文(かいぶん)ですが、驚くべきはこのサイズです。

明治時代の印鑑 開運

若干定規がズレてしましましたが、直径12ミリです。

回文(回り文字)はミリ以下のミクロです。

これが作品としてではなく、日常的な注文品として彫っていた事が驚きです。

驚愕印譜を紹介する時はいつも同じ事を書いていますが、私の文章はさて置き、この驚愕な技術をご覧下さい。

明治時代の印鑑 印相体

明治時代の印鑑 吉相体

細輪二重枠+細篆書体です。

細い枠に細い篆書体もいいものですね。

明治時代の印鑑 印相体

驚愕サイズではありませんが、江戸時代に多かった篆書体のいい折り畳みです。 (これは明治時代の印影です)

明治時代の印鑑 印相体

これは親子二重枠の素晴らしい印鑑のはずですが、保存状態が悪いので単独ではボツにすべきところ

印影そのものは素晴らしいものですので、他の印影に混ぜて紹介。

明治時代の印鑑 印相体

最後はこの印譜の中では比較的普通ですので平凡に思えてしまうかも知れませんが、サイズは10.5ミリ(実際は10ミリ?)

中輪細篆書体(太枠・細字)の素晴らしい実印です。



ブログ編集者


プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR