FC2ブログ

筆文字名刺

あけましておめでとうございます。

新年最初のブログ更新なので、本来でしたら今年の抱負とかを書くべきなのですが、前話で予告したので

「笹文字」の企画についてです。

まずは去年の「印章研修会」の記事をサッと見てみて下さい。

笹文字というより、笹の紹介をしております。

和の雰囲気に笹はとても似合いますね。

笹文字は、その名の通り「笹」の葉の形を意識した篆書体で、歴史は古く別名「大篆風」と言われます。

わたくし個人の趣味ですが、笹や竹が描かれてる水墨画は大好きです。

笹や笹文字が好きだったら、いっそのこと名刺に入れてみてはどうかな?と考えました。

でも既存の素材を使ったのでは個性がありません。

そこでこんな風に

笹 水墨画

笹を書いて、その次に

手書き 筆文字名刺

名刺の素材を手書きします。

書いたものを版にするので、書きやすい様に大き目に書きます。 (印章ケースはサイズ比較用です)

これを笹と合わせると

筆文字名刺

これ↑は二つの素材を元に印刷した名刺です。

どうです?

自画自賛で恐縮ですが、いいと思いませんか?

ワンポイントの水墨画+筆文字で、フォントを全く使用しない完全オリジナル名刺。

こんな名刺が欲しかったのです。 

だから見本は架空のものではなく、自分用のものを作っちゃいました。

絵を入れたくなければ、筆文字のみでもちろん大丈夫です。

「筆文字名刺」で検索すれば山ほど出てきますので、今さらという感じがするかも知れませんが、

ぜひ画像で検索してみて下さい。

何か違うと思いませんか?

そう、素晴らしい個性的な筆文字名刺が沢山出てきますが、よく見てみればオーソドックスなものが無い気がします。

「超個性」みたいな筆文字をご希望でしたら他店さんの方がいいと思いますが、オーソドックスでフォントを使わない

「普通の個性」をご希望の方にはピッタリではないかと思います。

そして「水墨画名刺」で画像検索すると、こちらも既にいくつかありますね。

よく調べてはおりませんが、お客様ごとのオリジナル水墨画ではない気がします。

それはさて置き、当店ならではの企画として、ご注文いただきましたお客様に手書きした原画、及び判下を

差し上げようと考えております。

これ、実は大半(もしかすると当店以外全て?)の筆文字名刺屋さんが行っていない事です。

山水画の様な本格的水墨画は無理ですが、せっかく世界でたった一つのオリジナル名刺なのですから

原画もお手元に届けます。

水墨画無し、筆文字だけの名刺のお客様にも元の手書き判下は、お渡しさせていただきます。

どうでしょうか?  

オーソドックスの筆文字+水墨画、原画(及び判下)を差し上げるお店なんか、多分当店だけです。

「・・・確かにいいかも知れないけど、1年間温めた企画がこれ?」 とか酷評されるかも知れません。

もちろん、1年間ずっと考えに考えていた訳ではありません。

なかなか時間がとれなかったので、ズルズル1年経ってしまったというのが実情ですが、実は・・・・

これはあくまでも一部に過ぎません。

他のものも完成しておりますので、徐々に紹介させていただきます。

-------------------------------------------

【水墨画・筆文字について】

順次ホームページで紹介させていただきますが、誤解などが生じてしまったら残念ですので、
ご理解いただきたい点を説明させていただきます。

・名刺印刷(またはハガキ)を目的とした版ですので、主役は名刺(またはハガキ)です。
 版及び原画には修正跡や多少の折れ目、絵の具の跳ね等が生じる場合があります。

・手書きですので、プレビューはありません。 (手書き後の印刷プレビューは可能です)

・絵や手書き文字を当店作成の名刺以外、二次使用される場合、大変恐縮ですが別料金とさせていただきます。

・金額はお見積りですが、上の仕様ですと初回は全て含んで12,000円(+消費税)程度を考えております。

もちろん、二回目以降は変更が無ければぐっとお安くなります。

・水墨画や文字版下は当店の職人が書きます。


ブログ編集者




プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR