FC2ブログ

明治時代の印譜

最近ちょくちょく「驚愕印譜」という名前を付け紹介している印譜の一つからです。

貴重な資料なのに、私の代で綴りをボロボロにしてしまい反省しなくてはいけません。

印相体

印相体

何の植物かわかりませんが、枠が葉の様な飾り付けされています。

これだけでも凄いのですが、驚きはそのサイズです。

開運印鑑

過去に何度も同じ言葉を使いましたが、ミリ以下のミクロの世界です。

これが展覧会出品作とかではなく、日常的に受注していた印鑑と考えると驚きですね。


ブログ編集者


プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR