FC2ブログ

手彫りゴム印

大正時代の手彫りゴム印 印譜からです。

手彫りゴム印

素晴らしい草書体の手彫りゴム印の間に角印があります。

手彫りゴム印

特段これがどうという事ではないのですが、一見左右の草書体に比べ簡単そうに見える(かも知れない)角印ですが

一度彫ったら修正出来ない手彫りゴム印では、この様な直線的なものは、技量がそのまま出来具合に反映されるので

結構難しいのです。

簡単に言いますと、この角印の文字で線が太い部分と細い部分が混在していたら、おかしいですよね。

特に曲線部分は均一な太さにするには、それなりの技量が必要です。

だからといって、草書体は簡単だという事はもちろんありません。

手彫りゴム印

「女子高等学園」

畳篆の名残りを感じさせる「女」という篆書体の折り畳み、この崩し大好きです。

手彫りゴム印

ブログ編集者

-----------------------------------------

【行ってきました茨城県】シリーズ、今回は多分初の「失敗編」

茨城の自然

6月末日の日曜日、朝方まで雨のぐず付いた天気でしたが、貴重な休みを利用していつもの

茨城県へ行ってきました。

出だしが遅かったので、今回は往復高速を利用。

途中昼食もとったので、いつもより遅い時間にいつもの森へ到着。

茨城の自然

これ↑は秋の写真ではありません。

野村楓ですので、葉っぱは春でもこの色です。

涼しくて虫も少なく鶯が鳴く中、運転で疲れたのでいきなり昼寝。

「何しに行ったの?」と思われるかも知れませんが、余計なお金は使わない最高の贅沢な昼寝です。

1時間ほどぐっすり寝て、「そろそろ帰るか・・・」とエンジンを掛けた時、悪寒がよぎりました。

天気が悪い時の鉄則を忘れて駐車してしいたのでした。

もうわかりますよね。

案の定、タイヤはぬかるみで空回り。

助けを求めるにもここは山の中。

写真を撮っている気持ちの余裕はありません。

しかも帰りの車の中で充電するつもりでスマホの電池は残り10パーセント。

とりあえずスマホを充電し、最寄駅を検索。

徒歩1時間54分・・・

バス停までは徒歩10分位で行けますが、確か一日4~5本だった気が・・・

どこで諦めるかの時間的線引きをし、非常用に買い置きしていた軽石と木の棒を用いて悪戦苦闘で30分。

軽石5袋中3袋を使ったところで脱出できました。

車を押した訳でもないのにズボンには泥がはね、体は汗びっしょり。

でも車を置いて帰る事にならなくて良かったです。

な~なんだ「たった30分じゃないか」と思われるかも知れませんが、先の見通しが付かない中での30分は

非情に長かったです。




プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR