FC2ブログ

大型の小判型印鑑

明治印譜が続きます。

明治時代の手彫り印鑑 楷書体 印相体

今回は端正な楷書体で彫られた大型の小判型印鑑です。

過去にも紹介したかも知れませんが、明治時代の印鑑に大型の小判型は多かったので、他の印鑑が記憶に残っている

だけなのかも知れません。

明治時代の手彫り印鑑 楷書体 


---------------------------------------------------------

行ってきました、約2ヵ月ぶりの茨城県へ。

yasato4DSC_3129.jpg

いつもの定点撮影スポットからですが、風景はすっかり秋色です。

2ヵ月前は何をするにも汗びっしょりだったのが、今は朝が少し寒い季節になりました。

yasato4DSC_3134.jpg

2ヵ月ぶりなので、どうなっているか心配していたユズですが、夏に間引きした甲斐もあってか、いい感じで実っていました。

今回はカメラを忘れ、スマートフォンで撮りましたのでいつも以上に写りが悪いです。

私のスマートフォンは、カメラ機能が著しく悪いのでそろそろ買い替え時なのですが・・・

yasato4DSC_3140.jpg

商品として売られているユズと比べれば小振りですが、それでも今まででは一番大きく実りました。

yasato4DSC_3135.jpg

これは朽ちた木に落ちた種から生えてきた杉(右)と桧(左)です。

自然の中に居ると、こうした輪廻転生 (と言ったら大げさですが) も普通に見る事が出来ます。

yasato4DSC_3138.jpg

沢山の桧の中にポツンと杉が生えています。

まあ、これだけ密生していますと、間引きしてあげないと共倒れになってしまうので、いずれは植え替えます。


ブログ編集者


プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR