FC2ブログ

蔵書印

明治時代の印譜の続きから。

戦前の印章資料

隷書体で彫られた蔵書印です。

蔵書印と言えば神田古本まつりと共催の蔵書印まつり。

無理やり話題を繋げてしまいましたが、10月27(土)、28(日)に印章会館で蔵書印まつりがありました。

蔵書印まつりも今年で24回目、今では受付開始時に多くの人が並ぶ神田古本祭りの名物とも言えるイベントです。

蔵書印と言っても、彫るのは篆書体の白文1文字です。(篆刻)

1日約200名様×2日間、私も微力ながらお手伝いさせていただきました。

スタッフは東京印章協同組合の組合員及び関係者です。

篆刻を体験していただくお客様の多くが「楽しかった」とおっしゃって下さいますが、実はスタッフも楽しめる2日間です。

翌日の仕事は寝不足で辛かったですが、楽しいイベントでした。

是非「来年も」、もしくは「来年は」お越し下さいませ。

印相体



ブログ編集者

プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR