FC2ブログ

驚愕印譜 柳葉篆

明治時代の驚愕印譜の続きです。

明治時代の手彫り印鑑 印譜

印篆 印相体

このブログではすっかりお馴染みの柳葉篆、別名笹文字です。

昔の印章業界ではこの様な先細りの篆書体を大篆と呼んでおりましたが、印影を見ますと印篆をベースとした

笹文字も多くありますので、最近このブログでは大篆とはほとんど呼ばず、それでも大篆と呼ぶ場合は大篆風と

呼ぶようにしています。

印篆 印相体

驚くのは18ミリの印材にこの文字数が彫られているという事です。

彫刻機械が無かったこの頃(明治時代)は全て手彫りでしたからね。

驚きです。

三連続での紹介となりますが、とりあえず驚愕印譜は今回はここまでで・・・



ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR