FC2ブログ

密刻

明治時代の印譜です。

明治時代の手彫り印鑑 印譜 印相体

左ページの中央寄り上段の大きな印影が目立ちますが、今回はその左側の小さな印影を紹介させていただきます。

「な~んだ。 あんな小さな印影か~」とがっかりしないで下さい。

この印譜は別名「驚愕印譜」です。

ご覧下さい。

明治時代の手彫り印鑑 印譜

本来、印影は原寸で見るのが一番なのですが、今回は例外で拡大してみました。

印相体 印鑑

菊花紋章に龍、そして青海波に星?と鎖?。(間違っていたらすみません)

宝尽くしの様な図段ですね。

細かい文様の彫刻で、印鑑の主人公である文字を見逃してしまいそうですが、文字も素晴らしい印篆です。

明治時代の手彫り印鑑 印譜 印相体

定規がズレて1センチに見えてしまいそうですが、直径は9ミリです。

1ミリ以下のミクロの部分も丁寧に彫られている事に驚きます。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR