FC2ブログ

太枠+古印体

明治時代の印譜からです。

古印体 印相体

どっしりとした太枠に書体は古印体です。

通常古印体の場合、文字そのものが太いので太+太になってしまう太枠にはしないのですが、

この印はサイズが大きいので文字数の割に空間が広くとれ、文字そのものも細目の古印体にしてあるので

太枠でも問題無いという計算された印鑑です。

文字が細いので見逃しがしがちですが、古印体のわびさびにも注目して下さい。

「良」の上部の横線の離れ、楽の中央の「白」の左右の点が右と左とでは接し方が異なる点や、「亭」の中の

丁の上(ワ部分)の右上の線の途切れなど、古印体のわびさびで古色(途切れ)を入れてあります。

太枠古印体 印相体

大きな印鑑だからこそ出来る太枠古印体です。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR