FC2ブログ

白文姓名印

明治時代の印譜を続けます。

手彫り印鑑 明治時代

この印譜は眺めているだけでわくわくします。

印章文化が一番華やかだった時のいい印影を集めたかの様な素晴らしいものばかりです。

白文 手彫り印鑑 明治時代

きちんと枠がある白文の姓名印です。

書体は創作風の古印体です。

途切れた左側の印影も素晴らしいですが、それはいずれ改めて紹介させていただくとし、今回は白文の素晴らしさを

味わいましょう。

例えフルネーム印でも印鑑登録しなければ「実印」とは言えませんが、印章業界内では登録されていなくても

姓名で彫られた印は「実印」と呼ばれています。(あくまでも通称です)

まあこれは矛盾ではなく、印鑑登録用の印章であっても、普通はこれからお客様に渡してお客様自身が登録するのであって

印章店にある時点では未登録に過ぎない時系列だけの問題ですけどね。

堅苦しい話になりましたが、現在では白文の印影はまず登録出来ません。

(明治時代はどうだったのかは不明です)

「登録出来ないならなぜ作る?」・・・ですか?

いえ、ハンコというものは単なる文具的なものではなく、本人のしるしとして使う事も多いです。

だからこだわりを持つべきですし、きちんとしたものを持つべきだと思います。

こうやって無理に高い物を薦めているのではありません。

「手彫り」が身近な金額でない場合は、「手仕上げ」でも全く問題はありません。

「ネットで調べましたが、印相体がいいらしいですね」・・・

これはいけません。

ここで印相体についてグダグダ書くつもりはありませんが、印相体=いい書体だと思っている人は

是非読んでみて下さい。 →印相体の正しい知識

私の言葉では信じられない方は、画像をよくご覧になって下さい。

私の言葉は昔の印章資料の単なる説明に過ぎません。

素晴らしい印影なのに、また縁起の悪い印相体の事を書いてしまいました。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR