FC2ブログ

筆意のある枠

明治時代の手彫り印鑑 印譜です。

手彫り印鑑 明治時代

今回は左ページ中央の大きな印鑑です。

手彫り印鑑 明治時代

宿屋さんのはんこでしょうか。

サイズは計測しませんでしたが、立派な大きさです。

この印鑑の素晴らしいところは、草書体はもちろんですが、枠(さくらの花びらを模したのでしょうか?)が筆書き調

になっているところです。

転写も含め、手彫りは印面に文字を筆で書くものですが、その事ではなく図柄に筆意が出ているところが素晴らしいのです。

手彫り印鑑 明治時代

こういう部分や

手彫り印鑑 明治時代

この部分です。

なかなかこの様な筆意の出た印鑑はありません。

(小さいサイズですとなかなか表現出来ないものです)


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR