FC2ブログ

明治初期の印譜

明治初期に日常的に使われていた印鑑の印影帳です。
書類に押された印影ではなく記録用として押されたものですのでいい状態で残っている貴重なものです。
手彫り印鑑

ブログを書いていると読んでいただいた方から連絡をいただく事があります。
お気付きの方は多いと思いますが、私は印章業界の汚点を公開しております。
ですので、「けしからん」というお叱りの連絡と「よく書いてくれた」という嬉しい連絡があります。
大半は印章店ではなく一般の方からなのですが、ごくたまに同業者さんからご連絡をいただく事があります。

つい先日、数回挨拶をした事がある同業者さん(印章店々主)から電話をいただきました。
「いつも楽しみに見させていただいてます」と嬉しい社交辞令をいただきましたが、もう一つ
「もっとまとめて出しましょうよ」と困った事を言われてしまいました。
小出しで紹介しているのを見透かされていたようで、これには苦笑しながら言い訳をしてしまいました。


資料は限りがあります。
勝手気まま、マイペースで趣味として書いているブログですので、できれば長く続けたいのです。
という事で少しずつの紹介になりますがご理解お願いします。


手彫り印鑑
明治7年までの印譜ですので職人は江戸時代の生まれです。
朱肉も使われていますが、まだ半分は黒肉で押されたものですね。
中には緑肉で押された印影もあります。
楷書体や隷書体の印鑑は今と似ていますが、会社で使われていた印鑑や篆書体の個人印鑑は
今のものとは大きく違っているのがおわかりいただけますでしょうか。

手彫り印鑑 明治時代
太枠細篆書体で印面いっぱいに広げた字配りです。
素晴らしい手彫り印鑑です。


手彫り印鑑
今はまずこのように彫る事はありません。
でも昔情緒の感じられる素晴らしいものです。
と言ってもこの時代はごく当たり前の彫り方だったのです。


ここでちょっと宣伝を
先ほど「このブログを読んでいただいた方からたまに連絡をいただけます」と書きましたが
その中に「ブログに掲載しているような印鑑は彫っていただけるのでしょうか」という問い合わせがあります。

もちろん承らせていただいいております。
八方崩し(印相体ではなく本当の八方崩しの事です)はお引き受けしていいのか迷ってしまいますが
それ以外でしたら喜んでお引き受けさせていただきます。
(特殊な彫刻は十分な納期をいただき、お見積もりにてお引き受けさせていただきます)

よろしくお願い致します。     はんこの印善








プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR