FC2ブログ

親子二重枠

明治時代の印譜からですが、これは再登場の写真です。

印相体 手彫り印鑑

3×4(4×3)=12印影のうち、太枠が7、細枠が5。

これは明治時代の印譜ですが、昭和30年代までは太枠の方が多い傾向がありました。

親子二重枠 印鑑

堂々とした親子二重枠ですね。

親子枠とは、太枠と細枠が組み合わさっている枠の事です。

「ハンコらしい」はんこですね。


ブログ編集者

プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR