FC2ブログ

ひらがなの実印

前の記事の後半に開運印鑑の事を書いてしまいましたね。

印章資料をもとにブログを何百記事も書いているので、お問い合わせなどの反響は沢山いただきます。

その中で最近 「開運印鑑を徹底批判しているので、すごく怖い人かと思いました」という声も

いただき、思わず苦笑してしまいました。

実は、前の記事に続いて印相体と開運印鑑の関係、なぜ印相体がいけないのか?などを書こうと

考えていましたが、小出しで少しずつ書くのは良くないかも知れませんね。

ですので、それは改めて書く事にし、一旦明治時代の印譜に話を戻します。

明治時代の手彫り印鑑 印譜 印相体 

という事で、明治時代の手彫り印鑑印譜より。

明治時代の手彫り印鑑 印譜 印相体 

明治時代の実印は、ほぼ篆書体であるのに対し、ひらがなが混ざるお名前の方は楷書体で彫られていますね。

皆様ご存じでしょうけど、漢字は中国で作られた文字で、篆書体も中国で作られたものです。

しかし、ひらがな(及びカタカナ)は、漢字を崩して日本で生まれた文字である事もご存じだと思います。

ひらがなは、隷書体以降の文字を崩した文字ですので、篆書体にひらがなはありません。

その為、ひらがなが混ざる実印は篆書体以外の書体で彫られていたのです。

(場合によっては、漢字部分のみ篆書体で、ひらがな部分は楷書体というのもありました)

現在は全日本印章業協会が印章字林という字典で篆書体のひらがなを制定していますので、

ひらがなの混ざるお名前でも、篆書体として印章を作る事が出来ます。

ちなみに、きちんとした書体ではない印相体はどの字典にも載っていません。

明治時代の手彫り印鑑 印譜 印相体

白文の個人印ですね。

線を見ますと若干篆刻調にしてありますが、この様な認印もいいですね。  (実印としての印鑑登録は出来ません)

明治時代の手彫り印鑑 印譜

何度もこのブログで言っておりますが、この時代の実印は、太枠・細字が多かったですね。

印相体で彫られたものは、一つもありません。

下段左から二番目も、名前がひらがなですので、篆書体ではなく楷書体で彫られていますね。

明治時代の手彫り印鑑 印譜 
 
今はほぼ彫られていない柳葉篆。

今では同業者さん(印章業者さん)でも知らない人が多いらしく、手前味噌の自慢話の様で

大変恐縮ですが、「柳葉篆をこのブログを見て知りました」と同業者さんから言われた事も

ありました。



プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR