FC2ブログ

雷紋と龍紋

明治時代の手彫り印鑑 印譜より。

明治時代の手彫り印鑑 印相体

明治時代の手彫り印鑑 開運印鑑

雷紋の角印です。

よくラーメン屋さんのどんぶりに書かれているお馴染みの模様です。

これは稲妻には見えないかも知れませんが、雷を表現した模様です。

明治時代の手彫り印鑑 印相体

龍紋(龍刻)に柳葉篆の小判型という「ハンコマニア」には最高の組み合わせですね。

雷紋も龍紋も古代中国の殷や周の時代の青銅器に用いられており、それから龍は想像上の動物として皇帝など高貴を

象徴する模様として、雷紋は直接の縁起話はありませんが、龍と組み合わせて用いられる事が多かった吉祥模様です。

「という事は、これぞ開運印鑑じゃないの?」 と考える方が居らっしゃるかも知れませんが、縁起を担ぐ為に吉祥模様を

用いて彫られた事は間違いないでしょうから、開運印鑑と言っていいでしょう。


では、なぜ今巷では開運印鑑が溢れているのに、これらの吉祥模様を用いたりしないのか・・・?

何でも有りの昨今では、探せば雷紋や龍紋+印相体で「開運印鑑」として販売しているお店もあるかも知れませんが、

元々開運印鑑を考えた創始者の方は、それまでの伝統的な印鑑(印章)を否定して印相体を販売するという手法をとった為

龍紋や雷紋は否定して販売したのです。

「あなたの持っているハンコはいけないハンコですよ」というセールストークです。

それまで伝統的に用いられてきたハンコのいい部分を全て否定し、印相体という新たに創られた書体で売りつけたのです。

これ↓は東京印章協同組合が当時作った注意喚起チラシです。

開運印鑑 印相体一覧 吉相体

印影見本で「田中角栄」さんがありますので、相当古いチラシですね。

「よい字体」の中にはもちろん印相体はありません。

右下は印相体っぽく見えてしまうかも知れませんが、「取締役社長之印」という印文を小篆風にしたものです。

今は前時代に多かったコテコテの印相屋さんは少なくなりたが、「凶印」とか「パワー」とか「秘伝」を謳う印章店は

全てインチキです。

私の言葉より、上のチラシをご覧いただく方が説得力がありますね。

(チラシの冒頭部分の学問の様な名前は、事情があり一部伏せ字にさせていただきました)


ブログ編集者


プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR