FC2ブログ

平野屋宗次郎(藩札)一銀匁

再登場となる藩札の紹介です。

摂津國 藩札 平野屋宗次郎一銀匁 印相体

このブログではお馴染みの藩札、 平野屋宗次郎一銀匁です。

以前は知人やお客様に差し上げてしまっていたぐらい当店には多くありましたが、そのお陰(笑)で今は数が少なくなりました。

ブログに写真を載せる今気付いたのですが、上の写真左から二番目は別の藩札ですね。

そっくりですので間違って一緒に写してしまいました。

それはさて置き、この平野屋宗次郎一銀匁札は印鑑の宝庫です。 (多くの藩札は印鑑の宝庫ですが)

摂津國(兵庫県)武庫郡 平野屋宗次郎一銀匁

江戸時代の印鑑ですので当然と言えば当然ですが、このブログではお馴染み「江戸印篆」が豊富です。

摂津國(兵庫県)武庫郡 平野屋宗次郎一銀匁

摂津國 藩札 平野屋宗次郎一銀匁

(江戸印篆とは江戸時代に多く使われた篆書体の崩しをもとに私が作った造語です)

摂津國 藩札 平野屋宗次郎一銀匁 印相体

こちらは本物の八方崩しです。

この中に文字が隠されているのですが、それは後半に紹介しますね。

摂津國 藩札 平野屋宗次郎一銀匁 印相体

裏面、こちらも本物の八方崩しです。

よく「印相体は八方崩しと呼ばれ・・・」と書かれていますが、これを見れば印相体と全く異なる事はわかると思います。

そもそも印相体は昭和に創作されたもので、江戸時代には存在しませんでした。

摂津國 藩札 平野屋宗次郎一銀匁

こちらは江戸印篆の左右に八方崩しで、この中にも文字が隠されているのですが、摺りがよくないので不鮮明ですね。

摂津國 藩札 平野屋宗次郎一銀匁

はっきりとした親子二重枠の角印に江戸印篆という三拍子揃った素晴らしい印鑑ですね。

表面の八方崩しの中の隠し文字ですが、過去に紹介した記事から写真の再利用で説明致します。

摂津國 藩札 平野屋宗次郎一銀匁

こちらが過去の記事の写真ですが、文字はどこに隠されているかわかりますか?

摂津國 藩札 平野屋宗次郎一銀匁 印相体

赤丸で囲った部分にカタカナが彫られていますね。

八方崩しそのものも篆書体を崩したものですので、何かも文字なのですが、本来八方崩しは読めてしまってはいけないので

判読が困難です。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR