FC2ブログ

山形屋号入り印鑑

明治時代の手彫り印鑑 印譜を続けます。

明治時代の手彫り印鑑 印譜 印相体

江戸時代に多かった山形屋号入りの印鑑です。

江戸時代は黒肉で押されたものでしたが、朱で押された明治時代の印影もいいものですね。

撮影した時は気付かずブログに載せる時に気付いたのですが、印譜が折れており「書留」の印影が見づらくなっております。

100年以上前のもので、(出版物ではない為)一つしかない印譜は大切に保存しなければいけないのに、気付きませんでした。

明治時代の手彫り印鑑 印譜

こちらは曲尺(かねじゃく)屋号入りの印鑑です。

今はまず彫られない作風で、しかも(今はこの様な印は)通常ゴム印で作られるので、この時代の職人さんは凄かったですね。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR