FC2ブログ

小判型と畳篆

明治時代の手彫り印鑑 印譜の続きです。

明治時代の手彫り印鑑

小判型の印鑑です。

今では「親展」や「至急」はほぼゴム印ですが、この頃は木口でも作っていたのですね。

手彫り印鑑

すみません、これ↑は例によって過去に掲載した写真の再登場です。

(上の印影と同じ印譜です)

手彫り印鑑

これはまさしく畳篆ですね。

畳篆風ではなく、ここまで折り畳まれればれっきとした畳篆と言えるでしょう。

一文字ずつ縦と横の入れ替えで畳篆を形成している、素晴らしい職人技です。


ブログ編集者

プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR