FC2ブログ

屋号入りの印鑑

明治時代の手彫り印鑑 印譜から。

明治時代の手彫り印鑑 印譜

今回は左ページ左端の中段を紹介。

曲尺屋号と印篆 印相体

曲尺(かねじゃく)屋号+折り畳みの多い印篆で、この様な長方形は江戸時代に多かった作風です。

先日もお伝えしましたが、同じ江戸時代の作風でも、朱で押されていると華がありますね。

同じ作風でも黒印は江戸情緒、朱印は華。

ハンコは、押されている色でもガラリとが変わるものですね。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR