FC2ブログ

親子二重枠

黒で押された江戸時代の印影は江戸の情緒が味わえる素晴らしいものですが、「華」という面では朱で押された明治時代の印影ですね。

明治に入りハンコは庶民に広がり、印章文化も向上していきました。

そんな明治時代の手彫り印鑑印譜からです。

といってもいつも掲載している印譜ですが・・・

明治時代の手彫り印鑑

撮影と掲載では時差があるので、また別ページと間違えてしまったかも知れません。

でも同じ印譜からの紹介です。

明治時代の手彫り印鑑 印相体

がっちりとした親子枠二重が「ハンコらしさ」を表現されている素晴らしい印鑑です。

「たつ」さんというひらがな名の方の印鑑でしょうか。

ひらがなはご存じの通り、日本独特の文字です。

古来中国で作られた篆書体にひらがなはもちろんありません。

今では印章字林という字典でひらがなの篆書体が制定されているので、ひらがな名の方の印章も篆書体(風)に作成

できますが、印章字林が出来る前は、一般的にひらがな名の印章は楷書体にするのが普通でした。

右の印影は半分近く途切れてしまいましたが、これも太枠・細字にこの時代特有の折り畳みの多い印篆で、素晴らしい作風です。

親子二重枠 印相体

もう何回も書いてきた事ですが、印鑑は原寸で見るのが一番です。

パソコンで直径9ミリになる位まで画像縮小をしてしまうと、細かい部分がハッキリしなくなる場合が多いので

原寸ではないものの、少し小さ目に写真を縮小してみました。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR