FC2ブログ

小判型印鑑(横)

明治時代の印譜からです。

明治時代の手彫り印鑑 印相体

法人用印鑑は現在と違って華やかで大きいサイズが多いです。

(尚、個人の印鑑は今よりかなり小さい傾向がありました)

明治時代の手彫り印鑑

親子二重枠に端麗な隷書体の素晴らしい印鑑です。

よく見ますと紙屋さんの様ですが、何と印章も扱っていたお店の様です。

虫食いにより一部印影が見えなくなってしまっているのが残念です。

左にある長方形の「発電畧号」(略号)という印文も気になります。

どんな意味なのでしょうか。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR