FC2ブログ

江戸明治印譜

ここのところ頻繁に紹介している江戸明治印譜からです。

江戸明治手彫り印譜  印相体

朱で押されている印影もありますので、この部分は明治時代なのかも知れませんが、黒印の雰囲気はまさに江戸時代です。

江戸明治手彫り印譜 

左の途切れた印影の唐草も気になりますが、それは近々の紹介という事で・・・

----------------------------------------------------

印影の備中とは場所が異なりますが、行ってきました「江戸時代の雰囲気」の残る場所・茨城県へ。

茨城県の自然と古民家

いつもの定点撮影ポイントですが、写真の雰囲気が違いますよね。

実は深夜真っ暗な風景を、シャッタースピードを落として撮影してみたら、こんな写真が撮れたので載せてみました。

右側に青い光が見えますが、これは苺のビニールハウスで、光はハクビシン除けとの事です。

他の方からは「どうって事ない写真だけど・・・」と思われると思いますが、真っ暗でもこんな写真が撮れるんだと自己満足で

載せてしまいます。

という事で、ここからは徹底的に自己満足の写真です。

茨城県の自然と古民家

こちらは上の写真から1キロ位離れた場所からです。

連休最終日を前にしてどうするか迷っていたのですが、迷う位なら行ってしまおうと思い、22時半頃出発し

いつもの森には深夜に到着したのです。

東京の日中は暑かったですが、こちらは深夜という事もありかなり冷えていて、到着したらまず火を起こして暖をとり就寝。

朝遅めに起きて森林の伐採をと思っていたら腰痛が悪化してしまい、急遽田舎道のドライブに変更。

5日位前に自己流ストレッチをしたのが腰痛の原因だと思います。

茨城県の自然と古民家

茨城といっても広いですが、私がよく行く場所は江戸時代~昭和初期の雰囲気が味わえる場所で、今回は江戸時代編です。

(江戸時代の雰囲気と言っても、私が勝手に考えているだけで、建物が江戸時代の建立という意味ではありません)

コンクリートやフォークリフト、乗用車を除けば江戸時代という雰囲気だと思います。

ガラスやトタン板も除かないと江戸時代とは言えませんが、あくまでも「雰囲気」ですので、細かい事は不問にして下さい。

茨城県の自然と古民家

長屋門がそこらじゅうにあります。

今新築したらいくら位掛かるのでしょうか・・・?

茨城県の自然と古民家

他人様のお住まいですので、遠慮気味ながらも覗いてしまうと、母屋も江戸時代の雰囲気。

もちろん家の中にはテレビや電子機器があるのでしょうが、外観だけでもこんな江戸時代の雰囲気が至る所に残っている

のがいいですね。

茨城県の自然と古民家

長屋門が続きますが、これは瓦に「寿」と文字が入っていました。

茨城県の自然と古民家

全体を撮りきれませんでしたが、この長屋門は大きかったです。

茨城県の自然と古民家

周りは田んぼと森以外は何も無い様なところですが、豪邸ばかりです。

茨城県の自然と古民家

長屋門よりかなり小さいですが瓦が豪華で、門の中もやはり江戸時代の雰囲気です。

茨城の古民家

茅葺き屋根の民家も点在しています。

茨城の古民家

江戸明治印譜にも度々登場する山型屋号ですね。

茨城の古民家

ブロック塀の中なので、母屋の様に思えるかも知れませんが、これも長屋門です。

茨城の古民家

この長屋門は再登場です。

鯱瓦に見覚えがあります。

茨城の古民家

途中、古そうな神社を見つけたので参拝し撮影。

茨城の古民家

神社名は書いておらず、古い石碑も文字がすり減って読めませんでした。

柱の彫刻もかなり減っておりましたが、紗綾形模様だったので1枚撮影。

茨城の自然

帰り道、この先にあるトンネルを抜けると田舎、そして江戸時代の雰囲気とはお別れです。

ブログ編集者








プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR