FC2ブログ

明治時代の印篆

タイトルは変えましたが、今回も明治時代の印譜からとなります。

明治時代の印譜

今回は中段右側の印影です。

ピンボケ↑ですが、ここのところ同じ説明を繰り返している「輪の中に四角」の雰囲気がピンボケ気味でもわかりますよね。

明治時代の印譜より印篆の手彫り印鑑

角印に合う様に作られた印篆ですが、丸い印にも合うよう四角いスペースで囲まれているのがよくわかる印影ですね。

加工は適切でないかも知れませんが、「四角いスペース」が今一つピンと来ない方の為に印影の上に四角を描いてみました。

印篆 印相体

私の説明が下手が故わからなかった方でも、これなら「輪の中に四角」が何を指しているのかわかりますよね。

もちろん、篆書体の印鑑は全てこうじゃなければいけない訳ではありません。

逆に「これでは空間が開き過ぎ」とか、「枠に何カ所文字が付いていないといけない」とか、「枠から文字が離れているのはダメ」

などという慣習は、きちんとした印章・印鑑の中ではありませんので、気になさらないで下さい。

加工する前の写真(2つ上)をご覧になって下さい。

枠には1カ所も文字が接しておりませんが、作風としては素晴らしいものです。

昭和になって印相体が創られ、それから「文字は枠に付けなければいけない」とか妙な話が作られ、

更に「上下のしるしはいけない」「ハンコを押す時に印面を見て一息付けて押していいか改めて考える」などという

「時代に逆行し、わざと不便なものを使う」という奇妙な話が創られてしまい、印章文化がすっかり変わってしまいました。

印相体 吉相体 上下のしるし

これは再登場の画像で東京印章協同組合の昭和40年代の印章カタログです。

印材を見て下さい。

暗くて見づらいものが2本ありますが、それも含めて全て上下のしるしが付いております。

巷の「上下のしるしは良くない」という謳い文句をちょっと批判調に書いてしまいましたが、このカタログが当店独自のカタログ

ではなく、印章協同組合のカタログだという事と併せて、上下のしるしの話を考えてみて下さい。

仮に「実印に上下のしるしは良くない」という話がきちんとした話であるならば、印章協同組合のカタログの見本の全てに

上下のしるしが付いているでしょうか?

個人の実印はこのページのみで、「実は他のページにしるし無しの実印見本が載っている」なんて事はありません。

ちなみにこのカタログに印影見本は沢山載っていますが、その中に印相体は一つもありません。

「上下のしるしは良くない」??

そう考えている方は、組合のカタログ+私の話をよ~く考えてみて下さい。

尚、組合の見本のみならず、昔の印章(ハンコ)は大部分が上下のしるし付きでした。(象嵌を除きます)

素晴らしい印篆から、いつの間にか話が変わってしまいましたね。

ブログ編集者

---------------------------------------------------------

勝手気ままな業界話の次は、単なる自己満足日記です。

茨城の自然

「またか?」

そうです。

行ってきましたまた茨城県へ。

たまには定点撮影スポットの反対側を・・・

茨城の自然

普段と違う郊外へ来ただけで気分がリフレッシュされます。

茨城の自然

夕方まで山の中で過ごし、帰ろうと思った時に雨が降ってきました。

この辺りはサイクリングやバイクツーリングの方が多いので、皆さんズブ濡れでかわいそうでした。

茨城の自然

ここから人工的なものを取り除けば山水画の様な光景ですが、私が撮ると平凡な写真にしかなりません。

茨城は高い山が少ないですが、それでも山に行くと心が洗われる気分になれます。





プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR