FC2ブログ

太枠・細篆書体

実は今回も再登場の印影です。

明治時代初期もしくは江戸時代末期のものです。

太枠細字(細篆書体)

「明治初期もしくは江戸末期」とは随分いい加減と思われるかも知れませんが、印譜に明治7年と書かれている部分があり、

明治7年前後のものである事はまず間違いないのですが、印影ごとの正確な年月まではわかりません。

それはさて置き、この時代に多かった折り畳みの多い印篆が丁寧に彫られた素晴らしい印影です。

どっしりとした太枠に、十分空間をとった字配り。

以前に「輪(円)の中に四角いスペースをとる」という事を書きましたが、文字部分の端4点を線で結べば四角くなるのは

おわかりですよね。

印篆は四角い印章に合う様に作られた篆書体です。

それが丸い印章にも合うように字配りされた印鑑です。

何度も説明してきたと思いますが、お札の肖像画側に押された日本銀行「総裁之印」も(太細の違いはありますが)同じ作風です。


素晴らしいものは何度再登場になってもいいですよね。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR