FC2ブログ

明治印譜 (小判型)

前回の印譜の続きです。

印相体 明治時代の印譜


小判型、書体(漢字部分)は隷書体です。

印相体 明治時代の印譜

シャッタースピードの関係でこちらの方が薄く見えていますね。

パソコンモニターの違いにより見え方はそれぞれ微妙に違うと思いますが、本来の朱色とはこの様な色を指します。

昔の法人印は大きなものが多かったですね。

-----------------------------------------------------------

恒例の郊外、いつもの茨城です。

今日は古民家散策は無しで、管理する山に行ってきました。

といっても、もちろん山全体ではなく山のごくごく一部なのですが・・・

印相体 茨城の旅館

のんびり行くのが好きなので下道で行く事が多いのですが、旅館の看板が目に留まりました。

本日紹介の印鑑は旅館のものなので、せっかくですので旅館繋がりで・・・

書かれている電話番号は左から82-に見えてしまうかも知れませんが、8みたいに見えるのは電話マークですので

実際は2-0052ですね。

調べると今の電話番号にも下4桁「は共通している様なのですが、いつの頃作った看板なのでしょうか。

そんなに古い看板に見えませんが、当時のままの看板を使っているなんで、いい感じを出していますね。

(ネットに載せてしまいましたが、国道沿いの目立つ看板ですので問題無いでしょう)

印相体 茨城の自然

この先のトンネルを抜ければ一気に田舎へ突入です。

トンネルが出来る前は山越えしていくか、遠回りをして行っていたので、トンネルが開通し随分便利になりました。

印相体 茨城の梅

梅は終わりで、これから実となる事でしょう。

印相体 茨城のモミジ

モミジの花も終わりで、ブーメランの様な対にになった大量の実を付けます。

印相体 茨城の桜

梅もモミジも花は終わりで、今は桜です。

印相体 佐藤錦

今回は平たんな部分の雑草を少し焼き、さくらんぼの苗を植えてみました。

ホームセンターの係員さんのアドバイスでは、1種類で受粉させても実がならないとの事で、佐藤錦と高砂を購入。

硬い地面を一部耕し、2本植えてみました。

他にも果実は植えてあるのですが、柚子は香りを楽しむ果実で、栗は料理しなければ食べられない。

梅もそうです。

以前は梅酒や梅ジャムを作っていましたが、お酒はほぼやめた事と、梅ジャムは砂糖を大量に使用するので

体によくないか心配で、ここ何年もつくっていません。

そこで、洗うだけでそのまま食べられる果実を植えてみたかったので、今回はまず試験的に2本を植えてみました。

今年の夏は、古民家より園芸になりそうです。


印相体 茨城の山

これは定点観測スポットですが、夕日の景色もいいものです。

ブログ編集者



プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR