FC2ブログ

回文

明治時代の印譜から。

印相体 明治時代の印譜

今回はこちら。

印相体 明治時代の印譜

この印文と同じ団体は少し前にも出てきましたね。

回文で書体は隷書体です。

法人用の印鑑によくある字配りですが、枠に沿って周り文字を配置する作風を「回文」(かいぶん)と言います。

一見平凡に見えてしまうかも知れませんが、これは親子二重枠となっており、これを回文で彫るには、輪と字配りを

きちんとしないと、いいバランスがとれない意外と難しい作風です。

印相体 明治時代の印譜

個人の実印と異なり、昔の法人用の印鑑は今より大きな傾向がありました。

実物を見ると立派なものですよ。


ブログ編集者



プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR