FC2ブログ

朱白文相間印

明治時代の印譜です。

この印譜は技術の見本帳と言っていいぐらい素晴らしい印影が集まっています。

その技術とは、細密な手仕事の技術もありますが、文字の作風も含めた技術を指しています。

印相体が創られる前の印譜は、やはり素晴らしいものが多いですね。

明治印譜 印相体 開運印鑑

今日の印影はこちら。

朱白文相間印 印相体 開運印鑑

向かって左の香炉印も気になると思いますが、それは後日紹介させていただくとして、今回は朱白文相間印です。

朱文(文字に朱が付く一般的な印)と白文(白抜き)が一つの印の中に混ざっている作風を朱白文相間印と言います。

これは朱文を囲む円の大きさがちょっとでも違うと、朱白の違和感が目立ってしまう難しい作風です。

文字も角ばった印篆にせず、古風な雰囲気で彫られているところなんかもポイントの一つです。

朱白文相間印 印相体 開運印鑑

圧巻なのはこの大きさ(小ささ)です。

写真では目立ちませんが、外側に細枠も付いており、それも印影を引き立てるのに非常に大きな点となっております。

朱白文相間印 印相体 開運印鑑

印影を半分隠してしまいますが、この方が細密さがよりわかります。

定規の1ミリの目盛りと文字の線の太さを比べてみればその凄さがおわかりいただけると思います。



ブログ編集者



プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR