FC2ブログ

藩札の印鑑 (分銅型)

藩札(寺社札)です。

藩札は専門分野ではありませんので間違っていたらすみませんが、江戸(東京)の増上寺内の何かを建立

する際に発行された、大和國の寺社札ではないかと思います。

印相体 藩札 寺社札 開運印鑑

細かい彫り物も素晴らしいですが、何と言っても分銅型印鑑です。

印相体 藩札 寺社札 開運印鑑

太枠に細字の八方崩しが彫られた中陰分銅型印鑑です。

ここのところ八方崩しを紹介する度に説明しておりますが、よく「印相体は別名八方崩しと呼ばれます」とよくネット上に

書いていありますがそれは明らかな誤りです。

「何でも有り」の今は別として、印相体で太枠や細字はあり得ません。

そして印相体の大きな特徴は、篆書体を崩しつつ、読めてしまうのが印相体です。

一方、八方崩しの多くは判読困難です。

そして太枠や細字に関係なく存在します。

まあよく考えてみれば仮に印相体=八方崩しであるならば、違う名前があるのも変です。

話が脱線しましたが、分銅型印鑑の背景で彫られている畳篆状の篆書体も素晴らしいですね、

印相体 藩札 寺社札 開運印鑑

こちら緑肉で押されていますが、これも篆書体の八方崩しです。

繰り返しですみませんが、背景に彫られている篆書体も印章人にとっては大変参考になる素晴らしいものです。

印相体 藩札 寺社札 開運印鑑

これも篆書体の八方崩しです。 (太枠細字)

印相体 藩札 寺社札 開運印鑑

続いて裏面です。

印相体 藩札 寺社札 開運印鑑

どっしりとした印篆の左右に八方崩し、素晴らしいです。

印相体 藩札 寺社札 開運印鑑

小判型でこれも篆書体の八方崩し。

印相体 藩札 寺社札 開運印鑑

前にも書きましたが、藩札は印鑑と篆書体の宝庫です。

でもなぜか印章業界ではほとんど(多分全く)採り上げられる事はありません。

古い作風を学ぶ上では大変な参考資料となるのに残念でなりません。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR