FC2ブログ

問屋さんの実力

今回はいままでに無いタイトルですが、まずは大正時代の印章問屋さんのカタログから。

印相体 昔のカタログ 開運印鑑

押さえていないと閉じてしまいますので、文鎮代わりに印材の青田石を乗せてあります。

そのページの上にはダルマ印が描かれているので、興味深々のお方も居らっしゃるかも知れませんが、

ダルマ印はまた別の機会に・・・

印相体 昔のカタログ 開運印鑑

大正15年11月29日とあります。

まさかこの時は、あと1カ月に満たない期間で時代は昭和になるなんて、誰も予想しなかった事でしょう。

このカタログが印刷を経てお店に配られた時は、もしかすると既に昭和になっていたかも知れませんね。

ところで話はガラッと変わりますが、タイトルの「問屋さんの実力」とは。

お刺身や野菜を食べるのに「産地直送」、「農家直送」とかでしたら新鮮なものを安く食べられそうで響きがいいですよね。

ハンコの場合は印材の大半は印材製造元さん、ケースはケース製造元さんが作っているので、「製造元直送」

とでも言ったところでしょうか。

それに対し、「問屋さんから仕入れました」と言ったら「何だ~ 製造元さんから直接ではないのですね?」と

ガッカリするでしょうか?

「だって、問屋さんだと中間マージンが入るし、製造元さん直接の方がオーダー品とか細かい打ち合わせが出来るじゃない」

と感じる人も多いのではないでしょうか。

という事は、なるべく問屋さんを経由しない方がいいのでしょうか。

だとすると、問屋さんを通して仕入れているお店は、製造元さんと直接取引しているお店より条件が不利なのでしょうか。

「・・・でしょうか」という表現を3つ繰り返してしましましたが、そんなに問屋さん経由が不利ならば、どのお店も製造元さんと

直接取引をして、問屋さんは倒産してしまいますよね。

私の悪い癖でダラダラと長い文章になってしまいましたが、問屋さんの存在意義は偉大だという事を説明させていただきます。

具体的に私のお店では「どの材料は問屋さんからで、どの材料は直接」なのかは言えない事はご理解お願いします。

また、全てにおいてケースバイケースですので、それを前提にお読み下さい。

問屋さんからは様々なものを仕入れますが、例えば印材を例にとります。

とある印材が1本だけ欲しい場合。

製造元さんに「1本届けて下さい」とはなかなか言えません。

1本とは極端かも知れませんが、印章店では大量に印材を在庫として抱えるメリットは少ないので、必要に応じて仕入れます。

当然価格は適正価格となります。

ところが問屋さんはどうでしょうか。

どんな繁盛店でも問屋さんの仕入れる数量には到底及びません。

となりますと、当然問屋さんが仕入れる価格の方が安くなります。

これは不当な圧力とかではなく、世の中の仕組みがそうなっている当然の流れです。

それに加え、製造元さんからは「1本だけ。 1個だけ」って仕入れづらいですが、問屋さんからは気軽に仕入れられる

いい面があります。

また、「うちは先代から製造元さんとは仲がいいから・・・」というお店もあるでしょうが、仕入れる量で圧倒する問屋さんには

到底かないません。

それは何を意味するか・・・

私のお店の様な、「昔の作風にこだわるお店」とかですと、特殊な印材を別注品として作成する必要が出てくる場合があります。

そんな時に頼りになるのが問屋さんです。

個々のお店が製造元さんに「こんな特殊な印材を作って下さい」と直接依頼しても「ごめんなさい。今ではもう無理です」と

断られてしまうところ、問屋さんを通しますと大丈夫だったりする場合があります。

また、お客様から「○●□▲を探してほしい」と依頼され、片っ端から製造元さんに問い合わせをするより、問屋さんに依頼すると、

簡単に探してくれてあっさり見つかったりする場合もあります。

もちろん、問屋さんにも得手不得手がありますので、それは長年の付き合いで、この問屋さんはこの分野が得意で、

あちらの問屋さんはあの分野が得意、とそのお店なりの付き合いで学んでいくものです。

こんな事は印章業に限りませんが、問屋さんを通す → 中間マージンをとられる?という事では必ずしもそうでないと

お伝えしておきます。

もちろん、はじめに書きました通り、全てはケースバイケースです。

と、文章が長くなったところで、また写真に戻ります。

印相体 昔のカタログ 開運印鑑

「三分角銀ヒシ丹入り」

ヒシ丹とは、上の絵を見てわかると思いますが、菱形(といっても正方形)の丹入りの印材で、丹の素材は銀です。

今は作っていない印材です。

印相体 昔のカタログ 開運印鑑

現在の丹は「長丹」となり、ヒシ丹は意外と普通の存在でした。

ヒシ丹は別名ヤッコ丹とも呼ばれておりました。

そんな「今では作られていないヒシ丹の印鑑(印章)が欲しい!」という方へ朗報です。

ヒシ丹 ヤッコ丹 印鑑  印相体

今から40年以上前に作られた印材「ヒシ丹入り牛角」です。

ヒシ丹の素材は銀です。

ヒシ丹 ヤッコ丹 印鑑  印相体

上の写真と牛角がか重複しましたが、ヒシ丹入り牛角、ヒシ丹入り黒水牛で、黒水牛は丹と当たり(さぐり)の両方が

付いている印材です。



ホームページには載せておりませんが、こんな古い印材の印鑑(印章)をお求めの方はこちらまで。

ちなみ、当店の周辺には、最強の問屋さんや製造元さんが集結しているのでいつも助かっております。

問屋さん、製造元さんとうまく付き合っていく事が、お店繁栄の秘訣ではないかと考えております。
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR