FC2ブログ

江戸明治印譜3

江戸明治印譜その3です。

「一つの印譜から小出しにして楽してるね」と言われてしまいそうですが、読んで下さる方からの「更新楽しみにしています」

という声を聞くと「滞りはいけな」という思いで、なるべく更新をする様に心掛ける様にしました。

(何回同じ事を書いているのでしょうか・・・)

最近、どうでもいい前置きばかりになりましたが、江戸明治印譜の続きです。

江戸明治印譜,印相体,開運印鑑

横に字配りした平凡な印影に見えてしまうかも知れませんが、江戸時代に多かった典型的な作風です。

上に朱印が押されていますので、これは「江戸明治印譜」の明治時代部分かも知れませんが、作風はまさに江戸時代。

「銀行印は横がいい」 ?

それは印相屋さんがセールストークで言い出した事であり、印章の慣習として用途で縦横を決める慣習はありません。

銀行印に限らず、縦横は「文字のもつ個性を考えどちらに配分した方が見栄えがいいか」をもとに、使う人の好みで

縦横を決めるものです。

そもそも江戸時代に銀行などなかったのですから、こんな話は昔からのものではないのです。

江戸時代は両替商?

では両替商が「金貸しの印は横がいい」とか言ったとか?・・・(笑)

江戸明治印譜,印相体,開運印鑑

こちらも江戸時代の作風そのものの素晴らしい印篆です。



ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR