FC2ブログ

明治時代の印譜より

またいつものタイトルに戻ってしまいました。

ブログに載せるのを選び過ぎたり、文章を考え過ぎて更新が疎かになるより、余計な事は書かずに頻繁に更新した方が

いい場合もありますよね。

お客様からの「ブログの更新楽しみにしています」という声は、本当に励みになります。

という事で、今回は明治時代の印譜より。

明治時代 開運印鑑 印相体

これは明治時代とすぐわかる印譜です。 (枠の中に年号が書かれています)

明治時代 開運印鑑 印相体

どちらも今ではゴム印で押される事が多いですが、この時代は印章で押される事も多かったのが印譜からわかります。

明治時代 開運印鑑 印相体

姓入りの封緘印ですね。

昔の印譜は印章の作風を考える上で最高の資料となります。

明治時代 開運印鑑 印相体

屋号入りの親子二重枠小判型印鑑。

楷書体と隷書体で彫られた素晴らしい印鑑ですが、パソコンからご覧の方は大きく表示され過ぎると思いますので

モニターから離れてご覧いただければ幸いです。

明治時代 開運印鑑 印相体

屋号入り、隷書体の回文(まわり文字)です。

明治時代の雰囲気が伝わる印鑑ですね。

明治時代 開運印鑑 印相体

こちらの小判型印鑑は、上のものとは一風違いますが、屋号入りで飾りもある作風で、これはこれでいいものですね。

明治時代 開運印鑑 印相体

外枠の中に更に四角を作り、その中に整然と字配りする作風です。

私は扁額で何回か見た事がありますが、大好きな作風です。

「丸の中に四角」 「四角の中に丸」 というのは、意外とあるので、印譜に出てきたら順次紹介させていただきたいと思います。

明治時代 開運印鑑 印相体

最後はまた小判型ですが、この「三十 年」というのは、もちろん明治三十年代の事で、「年」の上の空間に手書き

または単独の数字の印で1桁の年を入れて使ったのでしょう。


ブログ編集者



プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR