fc2ブログ

実印集(實印集)

何度か紹介している印章資料「実印集(實印集)」です。

実印集(實印集)印相体

今回はこのページです。

実印集(實印集)印相体

発行は昭和ですが、印相体が創られる前のものですので、いい印影が沢山載っています。

印刷精度が今一つなのが残念ですが、作風の参考としては素晴らしいものだと思います。

そんな中から今回はこの印影を紹介させていただきます。

印相体 実印集 實印集

文字は印面いっぱいに広がっていた方がいいですか?

もう少し柔らかい文字の方がいいでしょうか?

そんなお考えの方はこれをお読み下さい。

印相体のデタラメ・開運印鑑の嘘 吉相体フォント 一覧

印章資料 「印海」 の中から抜粋したもので、このブログをよくご覧いただいている方にはお馴染みでの部分ですが、

赤のアンダーライン箇所をお読み下さい。

お札の日本銀行「総裁之印」とは、お札の肖像画の面に押してある印影です。

印章文字は優れた作風が沢山あり、緒論ありますのでこれが唯一の頂点というという訳ではありませんが

これは実印の最高の見本の一つとして有名です。

実印集の印影は印刷精度が悪いので枠が中輪(太枠)気味になってしまっておりますが、最高の見本とされている作風と

同じ、文字と枠との間に適度な空間をとり、端正な印篆で彫られた素晴らしい作風です。

柔らかい作風が特徴の小篆もいいものですが、角印とともに進化した印篆で彫られた素晴らしい総裁之印風の実印は

伝統的な作風でいいものですよ。

話は変わりますが、上の説明のアンダーラインより下も、印相体について正しく書かれている貴重な説明です。

★資料は昭和50年に発行されたもので、文中の「最近」とは昭和50年当時を指します。

★アンダーラインより下三~四行目に「勝手なくずし方では無い」とありますが、これは普通の篆書体を差す言葉で

「勝手なくずし方」とは印相体の事を指しております。


ブログ編集者

プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR