FC2ブログ

手彫り印鑑 「朱白文相間印 編」

朱白文相間印が続きますが、今回は昔の印影ではなく当店で実際に彫らせていただいたお客様の

手彫り彫刻工程写真を紹介させていただきます。

その前に復習として・・・

手彫り印鑑として販売されている印章(印鑑)の99.9%は手彫りされていません。

「それはいくらなんでも大げさでしょ?」 とか

「1級技能士さんのお店らしいから、ここは大丈夫」

「ホームページで実際に彫っている写真が載っています」

まあ、こんな感じで私の言葉は信じられないかも知れませんが、そんな場合は是非お目当てのお店に問い合わせて下さい。

問い合わせ方法とポイントはこちら→正真正銘「手彫り印鑑」のお店の探し方

私の言葉を信じられない人は、なおさら問い合わせをしてみて下さい。

さて、前置きが長くなりましたが朱白文相間印を実際に手彫りする写真を紹介させていただきます。

ブログ等に掲載をご承諾いただきましたお客様へ、心より御礼申し上げます。

朱白文相間印 手彫り印鑑 稲妻型

まずは印材の印面を整え朱墨を塗り、文字割り振りの目安となる字割り線を引きます。

そして逆さ文字を手書きしますが、全日本印章業協会の彫刻定義では手書き文字を転写する方法も

手彫りとして認められています。

朱白文相間印 手彫り印鑑 稲妻型

黒墨で書きながら朱墨で修正して書き進めていきます。

朱白文相間印 手彫り印鑑 稲妻型

字入れの後は次の工程である荒彫りに入ります。

朱白文相間印 手彫り印鑑 稲妻型

大きさを比較するものはありませんが、彫刻台の木目をご覧になって下さい。

木目の細かさは木の材質により異なるものの、小さな印面である事がおわかりいただけるかと思います。

朱白文相間印 手彫り印鑑 稲妻型

上の写真と向きが変わっておりますが、逆から撮ったのではなく、彫りやすい方向に彫刻台を向けて彫っている為です。

朱白文相間印 手彫り印鑑 稲妻型

朱文部分の荒彫りがほぼ終わる段階です。

朱白文相間印 手彫り印鑑 稲妻型

次は白文(白抜き)部分の手彫りです。

朱文部分に比べて彫る面積が少ないので、楽そうに思われるかも知れませんが、文字を少しでもはみ出して彫る事ができない

ので、慎重に彫る必要があります。

朱白文相間印 手彫り印鑑 稲妻型

これも彫る方向を変えて彫りやすい角度から彫ります。

朱白文相間印 手彫り印鑑 稲妻型

最後は印面に墨を塗って見やすくして仕上げです。

朱白文相間印 手彫り印鑑 稲妻型

実際の印章(印鑑)は小さなものですので、印影は小さな画像で紹介させていただきます。

正真正銘の手彫りで朱白文相間印をホームページから注文できるお店としては、多分当店だけだと思います。

あくまでも多分ですけど、おそらく他にはないと思います。

参考です→朱白文相間印



 手彫り印鑑の注文をご検討のお客様へ (免責事項)

 当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。

 ホームページ上で紹介している写真は、写りが良いものを選んだ上でお客様のご承諾をいただき掲載

 しているものです。

 写真は素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。

 (写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)

 これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。

 その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を

 ご理解下さいませ。

 (写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております)

 尚、当店の彫刻方法は「手彫り」と「手仕上げ」の彫刻方法でお承りさせていただいておりますが

 写真サービスは手彫り印鑑のみとなります。






ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR