FC2ブログ

印材飾り台

大正時代の印章カタログより。

印材飾り台 印相体 吉相体

実は前回の 「蜂須賀齊裕之印」 の記事に僅かに関係あります。

多分読んで下さったほとんどの方がそのままスルーしてしまった箇所だと思いますが、某問屋さんで

「蜂須賀齊裕の印が飾り台に入れられて」と書いた部分があります。

「飾り台? どんな飾り台?」 と疑問に感じた方は居らっしゃいましたでしょうか。

多分居ないでしょうね。

まわりくどい話になりましたが、今回は印章の飾り台を(印材飾台)紹介させていただきます。

印材飾り台 印相体 吉相体

この距離から撮りますと、細かい線が縞模様状に写ってしまいますね。

(某問屋さんで見たものは、これとは違うタイプの飾り台でした)

印材飾り台 印相体 吉相体

飾り台の紹介ですが、つい印材に目がいってしまいます。

これらの印材が未彫刻で現存していたら、結構な価値が出る事でしょう。

ハンコは昔も今も捺す事が主役です。

ですので「何でハンコを飾るの?」と思われる方も居ると思いますが、昔のハンコは装飾がほどこされているものが多く

「印材を見て楽しむ文化」 というのもありました。

水晶の印章なんかは印面の彫った部分(凹んだ部分)に朱を入れて、文字部分は綺麗に拭き取ると印面が美しいものです。

他にも鈕(ちゅう:印のつまみ)が装飾された印章は、見て楽しむ事を前提に作られた印材です。

(このカタログの飾り台は、印章店で印材展示用なのかも知れません)

現在は印材作成工程の簡素化、職人の減少、装飾がほどこされた印材の需要減少、そして鈕その他の装飾は縁起が悪い

という開運印鑑商法のデタラメセールストークにより、「印材を見て楽しむ文化」 は少なくなってしまいましたが、

それでも篆刻の分野ではまだまだ健在です。

篆刻 開運印鑑 印相体 吉相

これらはホームページには載せておりませんが、当店の販売品です。

印材のみでも彫刻込みでも販売しております。

篆刻 開運印鑑 印相体 吉相


篆刻 開運印鑑 印相体 吉相

こちらの印材は装飾がほどこされておりませんが、鶏血(けいけつ)という高価な印材です。

偽物が多く出回っており、実際台湾へ行った時に偽物が堂々と売られているのを見ました。

写真のものは信用ある老舗の問屋さんから購入したものですので、問題ありません。

その老舗問屋さんとは・・・それが蜂須賀齊裕之印の問屋さんなのです。

(蜂須賀齊裕之印に関しては前の記事にも書きました通り、私のうっすらとした記憶です)

印材を見て楽しむ文化もいいものですよ。


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR