FC2ブログ

手彫り印鑑の彫刻工程

久しぶりの手彫り印鑑の彫刻工程写真です。

まずは、掲載をご承諾下さいましたお客様へ、心より御礼申し上げます。

「手彫り印鑑」として販売されているハンコの99.9%は手彫りされておりません。

ですので、手彫り印鑑を購入する際は、必ず下の様な写真撮影を依頼しましょう。

写真を依頼するなんて、普通は言いづらいですよね。

でも、心配ご不要です。

撮影依頼のコツは後半のリンク先に・・・

前置きが長くなりましたが、手彫り印鑑の彫刻工程写真をご覧下さい。

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

主に明治時代から使われてきた小判型印鑑です。

手彫り印鑑は印面に逆さ文字を手書きするところから始まります。

(注1 手書き文字を転写する事も手彫り印鑑の定義として認めされています)
(注2 手書きする前に印面を綺麗にする「印面調整」を行います)

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

文字の周りが歪になっているのは、朱墨で修正をした形跡です。  (書体は隷書体です)

おおまかに書いた状態で荒彫りをしますと、結局仕上げ彫りが大変な作業になるので、字入れから丁寧にこなす必要があります。

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

状況により例外はありますが、基本は枠どりから彫り始めます。

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

手彫りの写真を依頼するポイントはこの様な「途中」の写真です。

各工程が終了した時点での 「きりのいい段階」 の写真は手彫りの判別にはなりません。

(その理由は後半リンク先の「写真撮影依頼のコツ(正真正銘の手彫り印鑑」で)

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

文字がなるべく土手状にならないよう、丁寧に彫る事が荒彫りの基本です。

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

工程名こそ 「荒彫り」 ですが、そのまま捺しても問題ない位丁寧に彫るのが、いい手彫り印鑑を作る道です。

小判型手彫り印鑑(印相体でハンコを作るのはやめましょう) 

最後は印面に墨を塗って見やすくして仕上げ彫りです。

手彫り印鑑を注文する場合は、必ずこの様な写真の撮影を依頼しましょう。

撮影を依頼するコツはこちら→正真正銘の手彫り印鑑 をご覧下さい。





   手彫り印鑑の注文をご検討のお客様へ (免責事項)

 当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。

 ホームページ上で紹介している写真は、写りが良いものを選んだ上でお客様のご承諾をいただき掲載

 しているものです。

 写真は素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。

 (写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)

 これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。

 その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を

 ご理解下さいませ。

 (写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております)

 尚、当店の彫刻方法は「手彫り」と「手仕上げ」の彫刻方法でお承りさせていただいておりますが

 写真サービスは手彫り印鑑のみとなります。






ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR