FC2ブログ

手彫り印鑑の彫刻工程

久しぶりの手彫り印鑑の彫刻工程写真です。

手彫り印鑑を買う上で写真は重要なポイントになりますが、詳しくはこちら→ 手彫り印鑑の見分け方 をご覧下さい。

まずは、掲載をご容赦いただいたお客様へ、深く感謝申し上げます。

手彫り印鑑の彫刻工程写真 印相体でハンコを作る事はやめましょう。正統な篆書体にしましょう。

まずは印面をトクサと呼ばれるヤスリで滑らかにし、朱墨を塗って字割り線を引きます。

そして字割り線を頼りに、印面に逆さ文字を手書きしていきます。

手彫り印鑑の彫刻工程写真 印相体でハンコを作る事はやめましょう。正統な篆書体にしましょう。

手書き文字を印面に転写する方法も手彫りの定義として認められており、当店でも状況に応じて手書き文字を転写

する場合があります。手彫り印鑑の彫刻工程写真 印相体でハンコを作る事はやめましょう。正統な篆書体にしましょう。

機械彫りと手彫りの大きな違いの一つに、この字入れ作業があります。

手彫り印鑑の彫刻工程写真 印相体でハンコを作る事はやめましょう。正統な篆書体にしましょう。

字入れが終了しましたら、いよいよ凹凸を出す荒彫りです。

手仕上げ、及び機械彫りと手彫りのもう一つの大きな違いは、荒彫りです。

手彫り印鑑の彫刻工程写真 印相体でハンコを作る事はやめましょう。正統な篆書体にしましょう。

「荒彫り」という呼び名ですが、丁寧な作業が求められます。

細かい部分は自然と土手状になりますが、広い部分はなるべく土手を付けない様に彫るのがいいハンコにする秘訣です。

手彫り印鑑の彫刻工程写真 印相体でハンコを作る事はやめましょう。正統な篆書体にしましょう。

徐々に荒彫りが進んできます。

お客様にとっては興味深い工程ではないでしょうか。

手彫り印鑑の彫刻工程写真 印相体でハンコを作る事はやめましょう。正統な篆書体にしましょう。

土手はほとんど付いていない事が、おわかりでしょうか。

土手が多いと、仕上げ作業に支障が出る事と、印面が摩耗するとすぐ印影が変わってしまうという難点があります。

細かい部分には必然的に土手が付くものの、広い部分では土手は極力少なくする事が、いい手彫り印鑑にする必須条件です。

詳しくはこちら→手彫り印鑑の土手についてをご覧になって下さい。

尚、印章彫刻の呼び名は公式に3通りの呼び名があります。

それにつきましてはこちら→印章彫刻作業工程の図表と定義をご覧下さい。

話が逸れましたが、印面に墨を塗りなおして仕上げ作業です。

手彫り印鑑の彫刻工程写真 印相体でハンコを作る事はやめましょう。正統な篆書体にしましょう。
「土手は全てがいけない」 という意味ではありませんので、誤解の無い様お願いします。

(細密な部分には必然的に土手が出来ます)

「なるべく土手を付けない方がいいなら、耐久性は大丈夫ですか?」 とご心配の方。

耐久性は印材そのものが持っている自然の耐久性が力を発揮します。

柘より水牛、水牛より象牙です。

どれも耐久性、彫りやすさ、捺印性能が最適な為、江戸時代から使われてきた伝統的な印材です。





   手彫り印鑑の注文をご検討のお客様へ (免責事項)

 当店では手彫り印鑑をご注文いただきました全てのお客様へ、彫刻途中の写真を差し上げております。

 ホームページ上で紹介している写真は、写りが良いものを選んだ上でお客様のご承諾をいただき掲載

 しているものです。

 写真は素人撮影ですので、写り具合の悪い場合やデータの損失、またはうっかり撮り忘れも有り得ます。

 (写真を差し上げるサービスを行ってから撮り忘れは一度もありません)

 これらの理由により写真を差し上げられない場合でも、間違い無く手彫りを行っております。

 その為、写りの悪い場合や、写真そのものが差し上げられない場合でも、返金等は出来ません事を

 ご理解下さいませ。

 (写真の写りの悪さ、及び差し上げられない場合差し上げられない事は免責とさせていただいております)

 尚、当店の彫刻方法は「手彫り」と「手仕上げ」の彫刻方法でお承りさせていただいておりますが

 写真サービスは手彫り印鑑のみとなります。






ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR