FC2ブログ

江戸印譜2

前回と同じ江戸時代の一般に使われていた印鑑の印譜です。

江戸時代の印譜

多少の朱印は混ざりますが、大半は黒肉で捺されています。

江戸時代の印譜

これは印面一杯に文字を広げた、江戸時代に多かった作風です。

細枠に細篆書体というのもいいですね。

------------------------------------------------------------

こちらは、今年の始めに千葉県松戸市馬橋の水戸街道 (旧道) を散歩していた時に偶然見つけた石碑です。

松戸市馬橋石碑

残念ながら2本中1本が折れてしまっておしますが、やはり興味が湧いてきますね。

松戸市馬橋石碑

200年以上の時を経て、今に至るこの石碑。

松戸市馬橋石碑

落款は劣化して判読が難しいですが、他に花押が彫られています。

松戸市馬橋石碑


水戸街道の旧街道に建っていたという事で、私はてっきり水戸街道の道しるべの為の石碑かと思ってネットで検索してみたら

この先にお寺があるそうで、そこの参道の始まりの石碑だそうです。

ネット情報を鵜呑みにするのは危険ですが、地図で調べると、先には紛れもなくお寺がありました。

(お寺があるとは知らなかったので、寄る事は出来ませんでした)


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR