FC2ブログ

大篆風印篆

前記事では思わず辛口で開運印鑑の否定をしてしまいました。

他人を批判ばかりしていても、批判している人間は信頼されないですよね。

気が緩むとつい批判してしまうので気を付けなければいけません。

でも検索エンジンで「開運印鑑」と検索すると膨大なインチキ商店が登場してしまう現実があるので

ついつい書いてしまいます。

仮にですが、私個人は信頼されなくてもいいんです。

戦前はきちんとしていた印章業界が徐々に印相屋に浸食され、今ではきちんと情報を発信している

ところはほぼ無くなってしまった今、「ここを読んでくれた僅かな人だけでも本当の事を知っていただければ

私一人は信頼されなくてもいい」という気持ちで書いております。

随分偉そうな事を書いてしまいましたが、今回は「大篆風印篆」の印影です。

こんなタイトルを書くと「時代を混合している」と指摘されてしまうかも知れませんので

嘲笑される前に書きますが、大篆「風」の印篆です。

大篆の書風は度々書いておりますが、今は全くと言っていいほど彫られてはいません。

ですのでこの書風を知らない方も結構居るようですが、戦前は(数こそ少なかったですが)

珍しい書風という訳ではありませんでした。

手彫り角印 (大篆風印篆)

中央の色が薄い印影がそれです。

「単に線を先細りにしただけでしょ?」と思う方も多いでしょう。

でも、これが大篆の書風なのです。

大篆の書風についてはいずれ詳しく書くつもりです。








文責 はんこの印善



手彫り印鑑の字入れ
仕上げ
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR