FC2ブログ

大正時代の印章カタログより

大正時代の印章カタログより

大正時代の印章カタログ 印相体はこの時代には存在しませんでした

何度も書いたセリフですが、この時代に印相体は存在しませんでしたので、当然印影見本に印相体はありません。

「印相体は八方崩しから進化したもので・・・」?

勝手に進化させちゃマズいでしょ(笑)

篆書体の八方崩しと印相体は別物です。

今の常用漢字も、元はといえば利便性を考え篆書体から隷書体へ進化させ、その後草書体、行書体などは

全て「書の進化」と言っていいと思いますが、印相体だけは異質な経緯で昭和になって創り出された書体です。

(詳しくはこちら→ 印相体について をご覧下さい)

写真をアップする今気付いたのですが、向かって左ページのタイトル「木印代用人造水牛印」とありますね。

ラクト印材の様なものだと思いますが、見てみたいです。大正時代の印章カタログ 印相体はこの時代には存在しません

大正時代のカタログであるヒントとなる回転印です。

これも何度目かのセリフですが、大正30年代まで使える仕様になっているゴム印です。

見えている部分だけで30年代ですので、もしかすると40年代までの仕様かも知れませんが、ゴム印は消耗品ですので

程々の使用で交換が必要になりますね。

今回はこのカタログのなかから二つピックアップ。

大正時代の印章カタログ 印相体はこの時代には存在しません

印影が半分しか写っていない親子二重枠の角印もいいものですが、今回は「ハ」の丸型印です。

枠と文字との間に十分な空間をとった字配りです。

日本銀行「総裁之印」も十分な空間をとった素晴らしい字配りですが、それよりも空間スペースを多くとっています。

一方こちらは

大正時代の印章カタログ 印相体はこの時代には存在しません

上は4文字なのに対し、こちらは6文字ですので条件が違いますが、印面いっぱいに広がる篆書体です。

端部の文字が枠に接する箇所で文字が欠けて見えるのはおわかりでしょうか。

わかりやすいのは右上の「宮」という字でしょうか。

「宮」の右側が枠によって文字が欠けて見えますよね。

「印面いっぱいに文字を広げて下さい」とご希望するお客様は結構多いですが、この説明をすると

たいてい「文字が欠けるのは困る」とおっしゃります。

しかし、印章の慣習としては何も問題ない事を上の見本をもってご理解下さい。

また、文字を無理に変形させると印相体の様になってしまう場合もありますので、あくまでも文字の基本を守りつつ

印面いっぱいに広げる事が必要です。  (印相体でも欠けて字配りする場合は多いですが)

「欠ける」と聞きますと「文字の一部を失う」という感じで嫌がる方や、枠と文字との空間が広いと「何か足りない」

という心証を持たれる方も居らっしゃるかも知れませんが、印鑑は印面全体のバランスや文字の美で価値が決まりますので

その辺はあまり気になさらず、お任せいただければと思います。

------------------------------------------------------------

日曜日に春日部まで行く用事がありましたので、江戸川付近のお気に入りの場所に行ってみました。

印相体 三井親和の石碑

このブログでは何度も登場している三井親孝(三井親和の子)が揮毫(きごう)した石碑です。

印相体 三井親和の石碑

親孝と見えますが、下の落款は劣化しており判読が困難です。

印相体 三井親和の石碑

印相体 三井親和の石碑

これも劣化していますが「見ざる 言わざる 聞かざる」の三猿でしょうか。

詳しい謂れはわかりませんので、その辺りは踏み込めずすみません。

印相体 三井親和の石碑

石碑の建立は寛政7年の様で、200年以上前になりますから劣化は仕方ありませんね。

西金野井 香取神社の扁額

そしてこちらは、石碑から歩いてすぐの香取神社です。

これも何度目かのブログ紹介になる副島種臣が揮毫した扁額です。

副島種臣らしい個性的な篆書体が特徴で、何度も見ても飽きません。

「平均的な大きさ」というのは有るのか無いのかはわかりませんが、神社の間口に対し

かなり大きな扁額です。

西金野井 香取神社の扁額

落款の判読、下はかろうじて読めますが、上はここからでは厳しいですね。

西金野井 香取神社の扁額 唐草模様

神社仏閣で唐草は珍しくありませんが、何度見てもいいものですね。



ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR